読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

肩こり腰痛は背骨健康法から!

肩こり腰痛.便秘.頭痛等は背骨健康法で改善できる

ギリシャ時代の医学

f:id:sasaracchi:20161111170559j:plain

 

 

 

 

ギリシャ時代の医学】

 

これほど大切な背骨は、
医学的にどういう風にみられ
かつ扱われてきたのでしょうか。

遡ることギリシャ時代、
医学の最高峰は
ヒポクラテスでありました。


そのヒポクラテスが提唱した
四種体液説の中で、
『精液は頭の中で作られ、
 背骨の中を通って下がっていく』
とあります。
これは一体、
何を意味しているのでしょうか!

 

 

 

東洋医学の礎

 

精液を頭で作るついうのは、
一見誤りのようではありますが、
かりに、精液を性欲と置き換えれば
正しいといえます。
その性欲が背骨を通る
というのもうなずけます。


しかし、背骨の真の価値を知っていたのは
東洋医学でありました。
ヒポクラテスより以前、
AD、50年頃には、
中国に『内経』という
漢方第一の古典ができておりました。
その古典の中には、
今日、針麻酔で脚光をあびた
針灸の説明がなされております。

内経について
https://youtu.be/HESzovG9umc

 

 

f:id:sasaracchi:20161111170641p:plain

 

 

 

 

西洋医学の細分化


西洋医学では、やっと近年にいたり
背骨を中心とする整形外科も充実してきました。
でも、医学の進歩にともない
あらゆる部門での細分化が進んできました。

ここに大きな問題が隠されています。

 

 

 


大きな病院ゆえの不便さ

 

あまりの細分化のために、
部分的な医学が先行し
全体医学がなおざりにされている事です。
私も大腸がんで入院経験がありますが、
その手術以外のこととなると
まったくの機能を果たさないのが
病院の仕組みです。


例えば内科、外科、循環器科、眼科、耳鼻科、
それぞれがバラバラで
ある部分が痛いとかかゆいとか・・
一緒に受診したくても、それが叶わないのです。

その点背骨健康法は、
からだ全体を見渡せるので
ある意味の全体医学的な考え方であり、
大変新しい医学分野なのです。

 

 

 

肩こり腰痛でお悩みの方に.店長のおススメはこれ♪ - 通販